金とプラチナの値段差 | 買取案内提供ガイド | 金、プラチナ、ダイヤ買取案内ご提供

買取案内提供ガイド | 金、プラチナ、ダイヤ買取案内ご提供

買取案内提供ガイドでは、金買取やプラチナやダイヤの買取についての知識や情報からブランドやケータイの買取についてなどの情報をご提供。買取専門サイトなどもご紹介。

金とプラチナの値段差

金(Au)、そしてプラチナ(Pt)は、宝飾品としても工業用金属としても高い需要を持っているものです。
これはどちらも人気の金属なのですが、最近の市場相場としては、プラチナのほうが金以上に値段が高くなってきているようです。プラチナが金よりも高価なものとなった理由としては、どのような理由があるのでしょうか。様々な要因を考えることができますが、まずは発掘量にそもそもの違いがるということがありますね。
金に対して、プラチナは非常に発掘量が少ない金属でもあるのです。

これまででは、金とプラチナ、両者はどのくらい発掘されてきたのでしょうか。
まず金の場合ですが、総発掘量では約15万トン、年間発掘亮では約2500トンになります。
これに対してプラチナの場合には総発掘亮は約4500トン、年間発掘量では150トンになります。
例えるのであれば、金は長さ50メートルのオリンピックプール、プラチナの場合には一辺が6メートルの立方体の大きさくらい、ということです。金とプラチナには、実はこれほどの発掘量の違いがあったのです。これを見てみるだけでも、プラチナがかなり貴重な金属であると思えます。相発掘量としては、プラチナは金の実に33分の1ということになります。
多くの人が、プラチナと金の間にこれほどの発掘量の違いがあるということは、知らないのではないかと思います。

LINK

Comments are currently closed.