投資用金貨の金の純度 | 買取案内提供ガイド | 金、プラチナ、ダイヤ買取案内ご提供

買取案内提供ガイド | 金、プラチナ、ダイヤ買取案内ご提供

買取案内提供ガイドでは、金買取やプラチナやダイヤの買取についての知識や情報からブランドやケータイの買取についてなどの情報をご提供。買取専門サイトなどもご紹介。

投資用金貨の金の純度

投資用の金貨であると、これは24Kと22Kという二種類になります。これが24Kになると、全体の24分の24が金、つまり純度99.99%が金であり、純金といえるものがこれになります。それに対して22Kの場合には、全体の24分の22が金となっていて、純度91.67%程度が金であり、それ以外の分量としては銀や銅といった金属が含まれて居ます。

24Kの金貨であると、純金ということになりますので、金が本来持ち合わせているような輝き、質感を持っています。しかし、同時に金のもともとの性質である柔らかさ、傷がつきやすいというところもありますので、扱いには注意が必要です。それに対して22Kの場合、キズがつきにくくなるように、金のほかにも銀や銅といった金属を混ぜることによって、硬度を高めるようにしています。金が含まれている量としては、24Kでも22Kでもどちらも同じでも、22Kのほうは銀や銅といったものが含まれているために、重くなります。

■おすすめリンクサイト
軽井沢の別荘管理なら別荘サポート。ハウスクリーニングなどなんでもします。

Comments are currently closed.