投資用金貨とは | 買取案内提供ガイド | 金、プラチナ、ダイヤ買取案内ご提供

買取案内提供ガイド | 金、プラチナ、ダイヤ買取案内ご提供

買取案内提供ガイドでは、金買取やプラチナやダイヤの買取についての知識や情報からブランドやケータイの買取についてなどの情報をご提供。買取専門サイトなどもご紹介。

投資用金貨とは

投資用の金貨は、地金型金貨といわれています。世界のいくつかの政府によって発行されている法定金貨が、こう呼ばれています。重量と品位については、発行元である政府によって保証されています。代表的なものとして、オーストリアの「ウィーン金貨ハーモニー」、カナダの「メイプルリーフ金貨」、オーストラリアの「カンガルー金貨」などがあります。こういったものは、24Kの純度を持つもの、99.99%の純度となっています。金貨には、それ以外にも22K、純度にして約91.67%というものもあり、例えば米国の「イーグル金貨」、英国の「ブリタニア金貨」などがあります。

金貨の中には、投資用金貨といわれているものもありますが、これとは別種のものといわれている、収集型金貨といわれているものもあります。例えば、この中には記念金貨や古金貨なども含まれます。金貨としての純粋な価値以外に、希少価値、デザインとしての評価などから生まれる価値もあるために、収集家のコレクションの対象になっていることもあります。人気度の違いによっても、価値の差が生まれてくることにつながります。金の含有量自体が同じであっても、投資用金貨よりも高額で取引が行なわれることもあります。

Comments are currently closed.